FC2ブログ

The Japanese Dubai-JDニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日食を見る人々

アブダビの街の異変

今回の旅は1月4日という日は新月であることを意識して旅の日を選んだ。しかし、星を見るために雲と月のことばかり心配していたのだ。

ところが、最初に出向いたアブダビで不思議な光景を見ることになった。
こばやし12-1
      

時は、1月4日13時ごろ。街の中心のモール前に人が集まっている。そのうち座り込んで天体望遠鏡をそのまま覗き込んでいる。
  こばやし12-2
この時点で、2009年7月の日本における騒動を思い出した。私も写真を撮っている。
もしやと思うが、真夏に等しい気温と強烈な日射しの真昼の太陽を覗いてみるわけにもいかない。日本には関係なかったことから一切この天体ショー情報を知らないでいたため、日食メガネの準備もなく、目の前で、日食が起きているのに想像することしかできなかったのがとても残念だった。

部分日食・・・كسوف الشّمس جزئيا 部分的に覆われた(食された)太陽
その日の夜のTVニュースと翌朝の新聞で様子がわかった。

    こばやし12-3
左端に كسوف الشّمس とあるのでやはり日食である。それも、各紙を見ると、フランス・スペイン・オーストリア・イラクなど各地の写真が載っていたので、ヨーロッパから中東にかけてのかなり広い範囲での部分日食が起きていたらしい。
          こばやし12-4

     こばやし12-5
こちらはウィーンにおける部分日食の様子が詳細に表されていた。(2011.1.9)


 写真でイスラーム by miriyun
  http://mphot.exblog.jp/



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。