The Japanese Dubai-JDニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ムサンダム イルカツアー!

オマーンはムサンダムのイルカツアーを紹介します!

オマーンはUAEのお隣の国です。メインの国土はインド洋側なのですが、アラビア半島の最北東端、地学的に言うと、リアス式海岸になっているエリアも飛び地でオマーン領。

ここがムサンダムと呼ばれるエリアです。
  まるやま11-1
  
このエリア、荒涼とした岩山と美しい海の大自然が人気のアウトドアスポットです。
ドバイの中心部から直線距離でいくと約150Km。

今回参加したのは、ムサンダム地方の中心都市カッサブからアラブ伝統の木造船、ダウ船に乗ってリアス式海岸の奥に進み、野生のイルカやスノーケリングを楽しむというもの。
ランチつき、一日ツアーで200dhs(現在約5000円)、半日ツアーで150dhs(約3750円)で割とリーズナブル。
   まるやま11-2

値段を考えると一日ツアーがお得ですが、なんせこの船が朝9時に出るというが実はくせもの。
ドバイからどんなに車を飛ばしても、このカッサブまでは実に3時間半かかります。
私は今回UAE首長国のひとつでこのムサンダムの隣に位置するラス・アル・ハイマで一泊していきました。

さあ野生のイルカ、まず100%見ることが出来るとの触れ込みなのですが、果たしてどうなのでしょう??

ダウ船に乗って揺られること数十分。ピィ~~と船頭が口笛を鳴らしました!
あわてて彼の指差す方向を見ると、そこには船を追いかけるいくつかの流線型の影が!!
  まるやま11-3

野生とはいえ、かなり人間に慣れているようです、船の作り出す波で遊んでいるようです。
それでは苦労して捉えた連続写真でどうぞ!
   まるやま11-4
   まるやま11-5
   まるやま11-6

スノーケリングはテレグラフアイランドといわれる島で。
  まるやま11-7

ここはイギリス政府が1864年に初めて電話線をひいたところで、その電話線はインドのボンベイからイラクを通りロンドンまで到達していたとか。
  まるやま11-8
昔の建造物が廃墟のようにたたずみ、そこからの願望はまさに絶景!(2010.11.30)
  

丸山剛史(poppin_96) 

  dxb-Arch-LIFE: ドバイ-建築-生活     

 http://blogs.yahoo.co.jp/poppin_96






スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。