FC2ブログ

The Japanese Dubai-JDニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010.12

<UAE 来年より居住ビザの有効期限が2年に>

 今後、就労カード(Labour card)の有効期限がこれまでの3年から2年に変更となり、雇用者が1人の雇用主のもとに留まる期間が短くなると、12月7日労働省(Ministry of Labour)が発表した。
 この決定は雇用者に柔軟性を与えるとして、民間セクターの全ての外国人雇用者に適用するという。
 また、労働省は新カードは来年初頭より交付されると伝えた。
 国営通信社WAMの発表によると、労働省・労働情勢担当のフメイド・ビン・ディーマス(Humaid bin Deemas)副次官が「この決定により、雇用主・雇用者間の関係において、さらに柔軟性が出て、また両者の関係が短期間になるため、労働市場に好影響を与えるだろう」と言ったという。
 さらに、副次官は「就労カードの有効期限を短くするという決定が新たな求人募集の中で、競争力を増加させ、また海外投資に魅力的なを引きつける環境も作り、より柔軟な労働力を得るだろう」と言った。
 新たな労働カードに従い、これまで有効期限が3年だった居住ビザ(Residence Visa)の変更も、労働省と内務省(Ministry of Interior)間で検討されているという。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。