FC2ブログ

The Japanese Dubai-JDニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010.11

<UAE内務省、ビザ関連の噂を強く否定>

 最近「外国人居住者の親戚にはビザが発行されない」という噂が流れているが、これについて、UAE内務省(Ministry of Interior)は強く否定した。
 帰化居住局(Naturalisation and Residency Department)のナサー・アル・アワディ・アル・メンハリ(Nasser Al Awadi Al Menhali)局長は「現在も外国人居住者の親戚にビザは発行されている」と言った。アル・メンハリ局長は(ビザ申請者)男女共に、その配偶者と本人・配偶者の両親、親戚のスポンサーになる権利があると付け加えた。また、21歳以下の子供がいるビザ申請者は、子供のスポンサーになる権利があると言った。
 一方で、内務省は人道主義的に、また社会的な緊急事態も考慮に入れ、21歳以上の子供でも両親を訪問する際や、学業を続ける目的であればビザを発行すると伝えた。
 今月初め、地元のアラビア語新聞が「外国人居住者の両親にはビザが発行されず、配偶者と子供にのみビザが発行されるだろう」と報じた。この記事で外国人居住者はパニックに陥り、新聞社や関連機関には問い合わせの電話が殺到したという。
 アル・メンハリ局長は、UAE帰化居住法に変更事項はないと強調した。ビザ申請の際、申請料に加え、5000ディルハムの保証金が必要だという。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。