FC2ブログ

The Japanese Dubai-JDニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

UAEにおける退職金制度

UAEの労働法が定める退職金制度を紹介しよう。

UAEでは誰が退職金を受け取れるのか?

UAEでは、継続して1年以上勤続した被雇用者へ退職金を受け取る権利が発生する。

退職金の額は?

退職金の額は、退職時の基本賃金を基準として次の方法で計算される。

勤続5年未満:1年につき21日分の報酬(年途中での退職の場合、その年の勤続日数は案文
           計算)
勤続5年以上:1年につき30日分の報酬。ただし、退職金総額は2年分の報酬額を限度とする。

退職金計算の基準となる最後の基本賃金には、現物支給、住宅手当、通勤手当、旅行手当、引越手当、残業代、教育費、遊興費、ボーナス手当等は含まれない。

自らの意思で退職しても退職金は出るのか?

無期限雇用契約(雇用期間を定めていない雇用契約書)を結んでいる被雇用者が勤続1年以上3年未満の間に自らの意思で退職した場合、上で述べた金額の3分の1だけを受け取ることができる。同様の契約を結んでいる被雇用者が勤続3年以上5年未満の場合には上記金額の3分の2を、勤続期間5年以上の場合には上記金額全額を受け取る権利を有する。

雇用期間が定めらている雇用契約(例えば3年契約の延長契約)のもと働く被雇用者は、勤続期間が5年以上の場合のみ上記金額を受け取る権利が発生する。もしも勤続が5年未満の場合、自ら退職した場合には退職金が支給されない。

退職金を受け取る権利のない被雇用者

次のいずれかの理由で解雇される被雇用者は、退職金を受け取る権利を失う。

 国籍を偽り、または虚偽の証明書または書類を提出していた場合。
 試用期間中または仕様期間終了前に解雇された場合。
 被雇用者の過誤により雇用者に金銭的損害を与えた場合。雇用者は事態の発生を知ってか
  ら48時間以内に労働局へ通知することを条件とする。
 職場の安全指示に違反した場合。その指示が文書化され職場の目立つ場所へ掲示されてい
  ることを条件とする。
 雇用契約で定められた基本的職務を疎かにし、警告書を受けたにも係わらず改善が見られな                
  い場合。
 他人の名誉、信義毀損または公序良俗違反により有罪判決を受けた場合。
 雇用者機密を漏洩した場合。
 勤務中の酩酊状態または薬物摂取の影響が現れている場合。
 勤務時間中に雇用者、上司、同僚への暴力をふるった場合。
 正当な理由なく欠勤することが継続して7日以上あるいは1年のうち断続的に20日以上になっ                
  た場合。

なお、退職金とは別だが、上で述べた解雇理由に該当しない場合、被雇用者は未消化分の年次休暇への報酬と自国へ帰還する場合にはその旅費(同居する家族の帰還飛行機代を含む)も退職時に受け取る権利を有する。(2010.1.18)



 プロフィール
 金城昭一  
 金城マネジメントコンサルタンツ代表 www.kaneshirolawyers.com 
 資格:豪州弁護士 学歴:経営修士 (MBA)、会計修士 (MAcc)、法学士 (LLB)、 
 社会学士 (BA)  
 専門分野:訴訟・国際商事仲裁、会社法、不動産関連法、商法、労働法、税法。
 主な著書:『21世紀の豪州不動産投資』(1997)、『豪州の不動産共同投資』
  (1999)、『オーストラリアのプロパテイ・トラスト』(2003-共著、住信基礎研
  究所)、『UAEの労働法』(2009)、『UAEの訴訟仲裁制度』(2009)。
 趣味:家族と過ごす時間、旅、サッカー、野球、映画鑑賞。
 1956年日本生まれ。
 
UAEの法律 - UAE LAWS 
  http://blog.goo.ne.jp/inochiyoshieinochi



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。