The Japanese Dubai-JDニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010.10

<UAE 入国の際、HIVや結核の検査が必須に>

 UAE・保健省は今月9日、居住または就労目的でUAEに入国する外国人に対して実施する健康診査に関する内閣決議(Cabinet Resolution No 28 of 2010)を施行した。
 決議によると、就労や学業、居住目的でUAEに入国する全ての外国人は、ビザ申請また更新する際、法令で規定された健康診査を受けなければならないという。

HIV(エイズ)
新規にビザを申請、または更新する者は検査を受けなければならない。陽性反応が出た場合、ビザは発給されない。

B型肝炎
a) 検査は6つの職種(ベビーシッター、家政婦、ナーサリーや幼稚園の指導員、美容院・サロ
  ン・スポーツクラブの従業員、加工・食品管理機関の従業員、喫茶店やレストランの従業員)
  に該当する者で、新規にビザを申請する者に限り実施される。
b) 陽性反応が出た場合、ビザは発給されない。
c) 陰性反応が出た場合、上記の6つの職種に該当する者は予防接種を受け、また3回にわたり
  薬を服用しなければならず、終了後はその証明書を提出しなければならない。ビザ更新の
  際、証明書を添付すると予防接種等は免除される。しかし、証明書を添付しなかった場合
  は、また予防接種から受けなければならず、これには500ディルハムかかる。

結核
新規申請者は必ず検査を受けなければならない。以前結核を病んでいた者、また現在結核を病んでいる者にはビザは発給されない。

ハンセン病
新規申請者は必ず検査を受けなければならない。陽性反応が出た場合、ビザは発給されない。

妊娠検査
家政婦やべビーシッター、女性ドライバーは妊娠検査を済ませておかなければならない。陽性が確認された場合、スポンサーがビザ申請の可否を判断する。

梅毒
上記の6つの職種に該当する者に限り、ビザの新規申請と更新の際、検査が実施される。陽性反応が出た全ての者は治療を受けなければならず、治療後は健康証明書(health certificate)が発行される。

UAE人はこの上記の決定事項について免除される。

費用は以下の通り。
エイズ、B型肝炎、結核、ハンセン病、梅毒について、病気証明書の発行で-250ディルハム
B型肝炎予防で最初に服用する薬で-50ディルハム(家政婦のみ)
民間の健康保険の認証で-200ディルハム

10人以上の従業員のいる会社は、UAE人従業員のために3年ごとに500ディルハム、外国人従業員のために毎年100ディルハムを支払わなければならない。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。