FC2ブログ

The Japanese Dubai-JDニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010.9

<ドバイ 今年上半期のホテル宿泊客、前年比9%アップ>

 停滞していたドバイの観光事業が復活すると予想される。
 ドバイのホテルの今年上半期の宿泊客数が420万人で、前年同期に比べ9%増加したと、9月13日アラビアン・ビジネスがUAEの国営通信社WAMのデータを引用して報じた。
 このように宿泊客が増加したのは、アジアや中東地域からの観光需要が増えたためという。
 ドバイ政府観光・商務局(DTCM)によると、ドバイのホテル業界の今年上半期の収入は前年同期対比6%増の18億8000万ドルで、ホテル稼働率は71.7%だった。
 ドバイを中東貿易やビジネスのハブとして成長させた観光事業だったが、世界的な金融危機の打撃を受け、消費者たちの旅行出費も減ったため、昨年は業界の収入が急激に減少したという。
 “豪華ホテル”で有名なドバイは、現在ホテル業界の成長により、停滞状態から抜け出す兆しを見せていると専門家たちは評価する。
 ドバイの上半期のホテル数は前年同期に比べ7%増の566軒、客室数は16%増の6万7369室という。また、ホテル利用者の中で、上半期に最も増加したのは中東地域からの観光客だった。中東からの観光客は49万4000人で前年同期対比20%増だった。
 一方、アジアからの観光客は17%増の100万人、欧州からの観光客は3%増の130万人、米国からの観光客は7%増の33万5000人だった。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。